医療関係者の方へ・企業のご担当者様へ medical personnel

> 医療関係者の方へ・企業のご担当者様へ

医療関係者の皆様へ

障害者総合自立支援法に基づく通所施設です。うつ病性障害・双極性障害の気分障害の方と自閉症スペクトラム(高機能自閉症やアスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動症)、LD(「限局性学習症/限局性学習障害 (Specific Learning Disorder)」)のある方を対象とした離職中の方の仕事復帰トレーニング施設です。 (プログラムについては知的障害のある方への対応とはなっておりませんのでご了承下さい)
PC作業のトレーニングやオフィスマナーの学習だけでなく、職場の対人関係に必要なコミュニケーションスキルアップや職場で困難にぶつかったときの対処方法などのソーシャルスキルの向上に力を注いでいます。うつ状態は改善されたけれど、仕事まではたどり着くことができない方、コミュニケーションの問題が元で適応困難になることが多く、一つの職場で長 続きが難しい方などにおすすめです。また、自宅療養だけでは生活リズムが整えられない方にもお勧めです。集団による利点を生かしたプログラムの他、障害特性に応じて集団に入ることが難しい方は、まず個別対応で通所することが可能です。

ご利用に際して

主治医の了承、本人の意欲、保証人の確認(緊急時の連絡先)が必要です。精神障害者手帳の取得は必須ではありませんが、主治医の意見書を作成していただく必要があります。

利用料金について

訓練給付金が各市町村から給付されますので、利用金全体の1割が患者様のご負担金となります。定率負担または利用者負担額の軽減等が適用されることがありますと個々によって負担金が異なりますが、1割負担の場合の1日の利用料金は大体1,000円前後になります。月ごとにまとめてお支払い頂いております。

連携を大切にします

職場定着には利用者さんの心身の安定が大切です。主治医が利用者さんの通所状況がわかるよう、利用状況のレポート報告を作成しますので、診察場面以外での様子が把握でき、仕事へ復帰可能な状況かどうかが判断しやすいかと思います。また、治療状況を伺うことによってオーバーワークにならないよう通所スケジュールや、プログラム参加量を調節し、アップダウンを繰り返さないよう配慮します。
通所時の緊急対応に配慮して協力医療機関と協定を結んでおりますが、原則主治医の交代の必要はございません。施設の体験後患者様が通所の利用を希望される際は各自治体での受給者証の取得のため、主治医の意見書の作成が必要となることがありますので、意見書の作成にご協力いただけれ ばと思います。

お問い合わせ

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せください。

TEL: 03-5817-8820 FAX:03-5817-8821

企業のご担当者様へ

障がい者雇用をお考えの採用ご担当者様へ

就労移行支援事業とは、障害者総合支援法に基づき、就労を目指す障がいのある方に対して、就労に必要な生活リズムの安定や、知識・能力を身に着けるためのトレーニング、就職活動の支援、就職後の職場定着支援を行う事業です。
COMPASSで提供しているサービスはビジネスマナーや仕事にPC作業など仕事に役立つプログラムや、職場でスムーズな対人関係に必要なコミュニケーションスキルをアップできるプログラムを実施し、知識を覚えるだけでなく体得することに重点を置き、職場生活で生かせるプログラム内容となっております。
COMPASSを運営している株式会社ヒューマン・タッチでは障がいのある方を採用する企業様と共に、働く方が社内でスムーズに職場で活躍できるようお手伝いいたします。

採用までの流れ

ヒアリング

株式会社ヒューマン・タッチのスタッフがお伺いし、募集するポジションの業務内容・必要スキル等をお伺いします。 COMPASS内にて求人を展開し、求人内容とマッチングをします。

面接・採用

面接を実施していただき、自社 にマッチングした人材か判断していただきます。 可能であれば職場実習を実施していただいても良いかもしれません。

採用後

採用が決まりましたら、配属先へスタッフがお伺いし、職場で配慮が必要なことなど環境整備 やコミュニケーション上必要な 配慮などアドバイスをさせていただくことが可能です。また、定期的に職場へ訪問しフォローをしていき日々の課題をクリアにしていきます。

ページ先頭へ