NEWS! information

> NEWS!

2018.11.30
12月水曜午後:特別プログラムのお知らせ

今年も後一ヵ月になりました。慌ただしい年の瀬の時期、寒さも増してきますので体調管理気をつけながら、

お過ごしいただけたらと思います。

 

12月(水曜午後13時~14時30分)特別プログラムのご案内です!!

12/5:速読講座

12/12:アサーション

12/19:クリスマス会準備

12/26:速読講座

 

参加希望される方は、担当職員までお声掛けください。

宜しくお願いいたします。

2018.11.06
11/21(水)オープンコンパス(見学相談会)ご案内

オープンコンパス(見学相談会)ご案内

 

就労移行支援事業所について活動を知りたい方、ご利用を検討されている方向けの見学相談会を実施します。(ご本人の他、ご家族・支援者の方も対応いたします)

 

日程:H30年11月21日(水)

時間:15時~17時・ご自由な時間でお越しください

場所:COMPASS上野 訓練室

 

見学をご希望の方はご連絡ください。当日は、臨床心理士等心理スタッフによる個別相談も行います。お気軽にお越しいただけたらと思いますので宜しくお願い致します。

 

連絡先:03(5817)8820

✉アドレス:compass-ueno@human.touch.co.jp

担当:沢田

2018.10.24
11月・特別プログラム(水曜PM) ご案内

11月特別プログラム(水曜PMご案内

 

すっかり秋めいてきましたね。朝晩は冷え込んできましたが、体調は変わりなく過ごされていますでしょうか?風邪など体調管理に気を付けてくださいね。それでは、11月の特別プログラムご案内になります。

 

11/7 ウォーキング(上野公園方面へ)

11/14 速読講座

11/21 初心者向けのプレゼン講座

11/28  プログラミング

 

水曜日に参加していないクルーの方も是非、ご利用いただけたらと思います。参加したいプログラム、ご質問等ありましたら、担当職員までお声掛けください!

2018.10.17
10月 オープンコンパスご案内

就労移行支援事業所の利用を希望されている方向け

オープンコンパス(見学相談会)のご案内

 

日程:10月17日(水)

時間:15時~17時

場所:COMPASS上野 事業所内

 

不安な気持ち等ありましたらご相談いただけたらと思います。

お気軽にお越しくださいませ。

 

TEL:03-5817-8820

2018.10.01
10月特別プログラム(水曜PM)

10月特別プログラム(水曜PMご案内

 

10/3 ウォーキング

10/10 コミュニケーション講座

10/17 速読講座

10/24 プログラミング

10/31 プログラミング

 

 

水曜日にご利用していないクルーの方でも参加できます。

参加したいプログラムがありましたら担当職員までお声掛けください!

2018.09.25
#12compass辞典 精神保健福祉手帳とは

平成7年に、精神保健福祉法が制定され、精神障害者保健福祉手帳の交付制度が設立されました。手帳交付の目的は、精神疾患が原因で日常生活や社会生活に支障をきたしている方を対象に、様々な支援策を打ち出し、精神障がい者の自立や社会復帰支援を図ることとされています。

 

手帳の申請には、精神障害の初診日から6か月以上経ってから精神保健指定医が記載した診断書が必要です。

 

受給資格となる精神疾患者は下記が挙げられます。

 

  • 統合失調症
  • うつ病、そううつ病などの気分障害
  • てんかん
  • 薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症
  • 高次脳機能障害
  • 発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)
  • その他の精神疾患(ストレス関連障害等)

 

なお、精神通院医療による医療費助成や障がい福祉サービスは、手帳の有無を問わず精神障がい者なら受ける事ができます。但し、区市町村民税が一定以上の納税額を超える場合は対象外となります。

詳しくは、各市区町村の窓口にお問い合わせ下さい。

 

精神障害者保健福祉手帳の有効期間

 

精神障害者保健福祉手帳の有効期限は、申請が受理された日から2年後の月末までとなります。手帳を更新するためには、医師の診断書を添えて更新手続きを行わなければなりません。更新手続きを行う時は、3か月前から申請できます。自動で更新されるものではなく、手続きを行わなければ失効してしまいます。更新時は提出書類の内容を鑑みて、再度等級審査が行われます。障害等級の変更が認められた場合、手帳は変更決定を行ってから2年後の月末までが有効期限となります。期間内でも状態が変化した場合は、障害等級の変更が申請できます。

 

精神障害者保健福祉手帳で受けられるメリット

 

精神障害者保健福祉手帳は、精神障がい者の方の自立支援を目的としており、日常生活をスムーズなものにする狙いがあります。そのため、自治体にもよりますが、下記のような優遇措置を受けることができます。

 

  • 公共料金等の割引
  • NHK受信料の減免
  • 所得税や住民税、相続税等の控除
  • 1級のみ)自動車税や自動車取得税の軽減

 

※ 都道府県毎に受ける事ができるメリットが異なる為、詳しくは自治体や事業者の窓口で確認できます。

参考として、東京都の場合を下記に記載します。

 

  • 所得税

納税者自身又は控除対象配偶者や扶養親族が手帳を保有している場合、所得金額から級に応じた額が控除されます。また、1級の方と同居している場合、上記のほか、配偶者控除・扶養控除に加算があります。

  • 住民税

所得税と同じく、住民税も級に応じた額が所得金額から控除されます。

1級の方と同居している場合も同様に控除を受けられます。

  • 相続税

障害者が相続した場合、年齢及び級に応じた額が税額から控除されます。

  • 贈与税(1級のみ)

1級の方への贈与に当たり、信託銀行との間で「特別障害者扶養信託契約」を結ぶと、贈与額のうち6,000万円まで非課税となります。

  • 利子等の非課税

少額預金の利子所得等の非課税制度及び少額公債の利子の非課税制度を利用できます。

  • 1級のみ)自動車税、軽自動車税、自動車取得税

自動車税・自動車取得税について、

(1)障害者の方が所有又は取得し、日常生活のために使用する。

(2)障害者の方が所有又は取得し、生計を同一とする方が専ら障害者の通院・通学等のために使用する。

(3)生計を同一とする方が所有又は取得し、障害者の方が専ら通院・通学等のために使用する。

(4)生計を同一とする方が所有又は取得し、生計を同一とする方が専ら障害者の通院・通学等のために使用する。

上記のいずれかに該当する場合、減免されます

(平成21年度以降、減免額に上限が設定されます)。

対象者は、1級の方で、自立支援医療(精神通院医療)の支給認定を受けていることが要件となります。

  • 個人事業税

本人又は障害者を扶養している方のうち、前年度の総所得額(事業所得以外の所得があるときは合算額)が370万円以下の方は減免されます。

 

出典:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/nichijo/seishintetyou/

 

※ 精神障害者保健福祉手帳は都道府県によって異なる点があります。申請をお考えの場合は、必ずお住まいの市区町村の窓口に確認してみてください。v

2018.09.14
9月オープンコンパスのご案内

オープンコンパスのご案内です。

 

日程:H30年9月19日(水)

時間:15:00~17:00!(ご都合の良い時間に来ていただいて大丈夫です!)

場所:COMPASS上野(アクセスはHPよりご参照ください)

連絡先:03-5817-8820

 

就労移行支援事業所のご利用を検討されている方、プログラムや支援内容について知りたい方など

お気軽にお立ち寄りいただけたらと思います!

2018.08.28
9月・特別プログラムのお知らせ

9月水曜(午後)特別プログラムのお知らせ

 

9/5 コミュニケーション講座

9/12・19 プログラミング入門① ホームページを作ろう

9/26 速読

 

興味のあるプログラムがありましたら、通常水曜日を利用していない方でもご参加いただけます。詳しくは、担当職員までお声掛けください!

1 / 41234
ページ先頭へ